日本食養協会 弁護士 秋山佳胤

食は単なる物質たる栄養成分を摂取する機械的行為ではなく、

食べ物に宿る大自然、大宇宙の「いのち」を私たちの中に取り入れ、循環させるという

「いのち」の営みそのものです。

私たちも尊い「いのち」の存在であることを思いだし、いただいた「いのち」を

次の世代の子供達、大自然、大宇宙に愛と感謝と共にお返しする。

そんな美しい「いのち」の循環を共同創造するお手伝いをさせて頂きたいと

いう思いから、理事を務めさせていただくことになりました。

どうぞ御指導、御支援の程、よろしくお願い致します。

協会創始者挨拶

「生かされてるいのち」    小越信子様

若い頃、アフリカのマラウイで2年間作業療法士の仕事をして現地の方々に随分と助けられました。

 

マラウイは1日30円程度、そして世界には1ドル以下で暮らす方々が12億人おいでます。その不均衡が 非常に気になっていた際に、モンゴルの植林ツアーで廣美さんに出会い、甲田式少食健康法と甲田先生の 「肉食半減で8億の飢餓を終わらそう」キャンペーンを知りました。


これを日本から成功させることを目的に日本伝統食と玄米菜食、少食思想の普及に、貢献させていただきたいと、日本食養協会と名付けさせていただきました。


世界でも取り上げられた日本語「もったいない」の精神、多くの動植物の命の犠牲によって「生かされてるいのち」に日々感謝して足るを知る生活をしていきたいと思います。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

「世界全類が平和でありますように」    日本食養協会理事 西式1級司教 宮島 廣美


 養護教諭としてアトピー、喘息、肥満児等、様々な子ども達の対応をしていく中で食の重要性を実感。

「食はいのち」を広げたいと玄米菜食の健康料理教室運営中、2003年「食事で病気を癒す方法はないですか?」とご質問を受けた事がきっかけで甲田先生とご縁をいただきました。


 甲田先生のご指導で生菜食を実践、体質改善後、先生から 「参加者が米や野菜を作る指導者養成のための無料の健康道場を健康な方対象に甲田式健康法として伝えなさい。必ず天がさせてくださるからな。まず、40分合掌業を1年間毎日しなさい。」


との事で実践、その後毎週日曜日に甲田医院に呼ばれて健康道場の内容についてご指導いただきました。


  飢餓と病気、環境問題、世界全類が救われる、愛と慈悲の少食思想が多くの方々のお役に立ちますように祈っております。

ありがとうございます。合掌

甲田光雄 マキノ出版「ゆほびか」
甲田光雄先生のコメント / 2005年6月 マキノ出版「ゆほびか」より *能木は、宮島の旧姓
沿革
2003.4 

 西式甲田療法勉強会はじまる。

2005.2   合宿参加者であった田辺の鈴木様が甲田先生に合宿感想をお送りくださり先生より「甲田式少食健康法実践道場」と命名される。
*甲田先生の食養指導のもと、合宿開始
2005.4 

てんつくマン中国内モンゴル植林ツアー第1回に「肉食半減で8億の飢餓を終わらそう」を要約したプリントを参加者に配布。それに共感くださった横浜の小越氏他と「肉食半減で8億の飢餓を終わらそう・少食思想を普及しよう。」と同志が集まり「日本食養協会準備会」発足

2005.8  健康道場・玄米食堂設立
2005.11  NPO法人日本食養協会認可 甲田先生協力アドバイザーとしてスタート
2006.11  健康道場移転
2007.5  先生の「各地で食育が花盛りであるが肝心な『食はいのち』が抜け落ちている」を受けて食育学院開始。
甲田先生を学院長として初年度21名が指導士認定を受ける
食養セラピスト 養成学院
2008.8  甲田先生昇天。
中西美代子先生より「甲田先生と当会を応援するようにと約束していますから、しっかりやっていきましょう。」とお電話を頂く。
2008.12  医学博士宮崎セバスチャン氏、薬を使わない精神科医宮島賢也氏、甲田療法の思想に共鳴。会長、学院長に就任
2010.  宮島廣美氏会長
2013.  韓国国営テレビより「少食」取材
NPO解散、一般社団法人「日本食養協会」として食養・少食の普及活動開始
2013.12  食養塾生と中西美代子先生に学ぶ開催(八尾市)
2015.6  愛康内科院長 石井文理先生 協会顧問
提案
  1. 米、豆、野菜、海草、小魚の日本伝統食や玄米菜食、少食を楽しもう。
  2. 人も土も生き返る耕し料理し食べる大地とつながった暮らし、プランター1%から無農薬野菜、米を自給しよう。
  3. 人と地球にやさしい健康を学び広げる場を各地域につくろう。